予防接種

予防接種のイメージ写真

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチンを予め接種することによって免疫をつけるために行われます。これによって特定の病気に罹患しなくなったり、たとえその病気になったとしても軽くて済みます。
なお、ご本人が病気に罹りにくくなるだけでなく、感染症の流行を阻止する「集団免疫」という目的もあります。予防接種は自分のため、そして周りのみんなのために受けるのです。

当クリニックで取り扱いがある
主な予防接種

  • インフルエンザ
  • 肺炎球菌
  • 帯状疱疹
  • ロタリックス
  • B型肝炎
  • 水痘
  • ガーダシル(子宮頸癌ワクチン)
  • MR
  • 日本脳炎
  • 二種混合
  • 三種混合
  • 四種混合

インフルエンザ

インフルエンザワクチンに関しては、摂取期間中は随時受け付けております。毎年10月頃からの予定です。インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対抗するために、予防接種も年ごとに行う必要があります。接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行することを考えると、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいでしょう。

肺炎球菌

肺炎球菌による肺炎を予防することは勿論ですが、髄膜炎や中耳炎などの病気を予防する効果も期待できます。このワクチンは毎年受ける必要はなく、一度受ければ少なくとも5年間は効果が続きます。なお、高齢者を対象とした成人用肺炎球菌ワクチンは予防接種法に基づく定期接種です。対象期間内に市町村の契約医療機関や保健所で接種を受けると公費助成が受けられます。詳しくは、お住まいの市区町村にご確認ください。

帯状疱疹

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスへの感染によって発症するため、水痘を経験した人に起こります。例えば外科手術を行った後などに痛みを伴った小水泡が帯状に生じます。顔にできると顔面神経麻痺、内耳の障害によるめまい・耳鳴りなどが起こることがあります。チクチク、ピリピリした痛みに悩まされることが多く、帯状疱疹後疼痛として長い間痛みが残ってしまうことがあります。この痛みは治りにくく、それが大きな問題です。このようなリスクを減らすため、帯状疱疹ワクチンの接種をお勧めします。

院長
寺島 明里
診療内容
内科・消化器内科・婦人科
電話
0561-74-0311
所在地
〒470-0115
愛知県日進市折戸町枯木166
アクセス
名鉄豊田線日進駅 (徒歩約13分)
診療時間
休診日:水・(木)曜日(木曜日は一時的に休診中)、土曜日午後、日曜日、祝日
※第2、第4土曜日は産婦人科医による診察
日祝
9:30~12:30
15:30~18:30
  • 寺島ファミリアクリニック Instagram
Page Top