一般内科

一般内科のイメージ写真

一般内科では、かぜ、せき、発熱、腹痛、下痢などの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症を始めとする生活習慣病まで、様々な内科系疾患について幅広く対応いたします。
急な体調不良や日常的に起こる症状の診察・検査を行えるので、はっきりとした症状が出ている時はもちろん、「具合が悪いのだけれど、何科を受診したらいいのかわからない」というような曖昧な場合もお気軽にご相談ください。

皆様の「かかりつけ医」として

体の具合が悪い時に多くの人が最初に受診する一般内科は、適切な医療を受けるための総合窓口としての役割も担っています。患者さまの日常的な診療、健康管理をする身近なお医者さんとして、コミュニケーションを大切にしながら丁寧な初期診療をいたします。なお、当クリニックでの問診や検査により、高度医療や入院が必要と判断された場合には、症状や状態に応じて専門科を判断し、しかるべき医療機関へのご紹介をいたします。

一般内科で扱う主な症状

内科的な疾患はいろいろな自覚症状で始まりますが、重大な病気の前兆であることもしばしばですので、一見大したことがないように見えても侮れません。下記のような自覚症状が見られる場合は、お早めに当クリニックを受診して下さい。

  • 発熱
  • せき
  • のどの痛み
  • おなかの調子が悪い
  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 胸痛
  • 頭痛
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 血尿
  • 腰痛
  • 疲労感
  • 急な体重の増減 など

主な診療内容

  • かぜ
  • せき
  • 発熱
  • 腹痛
  • 下痢
  • インフルエンザ
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症 など

高血圧

高血圧の原因は特定されていませんが、食生活の乱れ、塩分の摂り過ぎ、喫煙、お酒の飲みすぎ、運動不足、精神的ストレスなど様々な要因が重なって引き起こされると考えられています。血圧が高い状態が続くと、血管の壁がダメージを受けてしまうので、動脈硬化の原因になります。そのため、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などを引き起こしやすくなるので、早めに治療を始めるようにしましょう。なお、一度薬を飲み始めたら、一生やめられないと思っている方が少なくないようですが、だんだんと良くなってくれば、減らしたり、やめたりすることも可能です。降圧薬を服用し始めたらずっと飲み続けなくてはいけないと考えるのではなく、薬がやめられるように生活習慣の改善に努めることこそが大切なのです。

糖尿病

血液に含まれているブドウ糖は、インスリンの働きによって細胞に取り込まれてエネルギー源になったり、脂肪やグリコーゲンに変わって肝臓や筋肉に蓄えられたりします。しかし、何らかの理由で血液中のブドウ糖が細胞にうまく取り込めなくなり、血液中にブドウ糖がだぶついてしまうことがあります。これが糖尿病です。初期段階では自覚症状がほとんど無いため、知らないうちに進行し、合併症が現れてから初めて気づくといったケースも、しばしば見受けられます。適切な治療を受けずに放置していると、全身の血管に様々な問題が現れ、悪くすると心筋梗塞や脳梗塞、人工透析や失明、足切断など、深刻な事態にも陥ります。

脂質異常症

脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が多過ぎたり、善玉コレステロールが少な過ぎる場合に引き起こされる病気です。放置すると動脈硬化が進行し、やがては心筋梗塞や脳卒中などの原因となります。他の生活習慣病と同じようにエネルギー過多や嗜好品の摂取過多、運動不足などが重なって引き起こされます。このようなときは生活習慣を見直し、血中脂質を下げるための薬物治療を行います。

院長
寺島 明里
診療内容
内科・消化器内科・婦人科
電話
0561-74-0311
所在地
〒470-0115
愛知県日進市折戸町枯木166
アクセス
名鉄豊田線日進駅 (徒歩約13分)
診療時間
休診日:水・(木)曜日(木曜日は一時的に休診中)、土曜日午後、日曜日、祝日
※第2、第4土曜日は産婦人科医による診察
日祝
9:30~12:30
15:30~18:30
  • 寺島ファミリアクリニック Instagram
Page Top